ぼやき・・・

 やっぱ、あそこが「ウチ」らしい。(ローズさん、鋭い)
 自分のステージを一生懸命上げて、アセンションして・・・いずれ、あそこに帰るんやな・・・と思う。
 いや、半分住んでいるようなもんだけど・・・。
 みんなが宇宙に帰るときには、あそこでお見送りするんやな・・・と思う。

 熊野のにーちゃんも、八坂のとーちゃんも、
「いつでも、帰ってこいよぉ〜♪」
 と言ってくれるけど、なかなか帰られへん。
 
 たまには、実家の親兄弟の顔も見たい・・・って言うと、
 亭主は、
 「まぁ、いずれはな・・・」と言うけど、
いずれって、何時さ(ーー;

ま、しゃーないか・・・(溜息
 そのうち、一緒に行ってもらうべ。
[PR]
# by yamatonyanko1962 | 2006-11-06 17:33 | 社務所(雑感)

護国


国を護るは軍に非ず他人(ひと)に非ず まず己が心より発すると知れ

d0011728_19583087.jpg

[PR]
# by yamatonyanko1962 | 2006-11-05 19:59 | 神籬(たまわりもの)

敬(つつしむ)

『敬(つつしむ)とは諸儀の初め(根本)なり。
 日々に在りて至極。
 神事に在りて更なり。
 
 慎むとは、真の心。
 真の心をもって相対すれば、
 己ずから、我れは我れならず。
 君をして我と為すなり。
 されば、君を敬(うやま)うは、難からず。
 我れの心、我れの真を敬うに同じ。

 この時、内なる我(が)は消(う)せ、
 我れと君とのひとつなることを知る。

 神を敬うは、己の真を敬うに等しく
 君を敬うは、そに同じゅうして、
 これを日々の務めとぞ為さん。

 己を虚しゅうして
 我(が)の奔るを敬(いまし)める
 もって初めて
 神とまみえるを得る。

 照覧を求むるは
 人にあらず
 俗にあらず
 ただ神のみにぞ在り
 ただ己が心(魂)にのみ在る

 ゆえに敬(つつしみ)て 参れ。
 自ら、頭を垂れ
 自ら、天地を寿ぎて
 賜りしものの得難きを 知れ。
 賜りしものの有り難きを 知れ。

 心底より そを拝受せよ。
 その時 初めて
 天地が在り、神が在り、
 己れの在りし事 知る也。

 できるか・・・ではない。
 せねばならぬ。
 為さねばならぬ。

 なにゆえにあれがおまえを降ろしたかを 思え。
 なにゆえに神がおまえをして事に当たらせるかを 思え。
 
 照覧いたすは神なり。
 照覧を求むは人に非ず。
 われらが照覧いたすは 真(まこと)。
 幸いにして道は近し。
 しかし、近くして遠き道なり。
 
 なれどおまえは ひとりではない。
 ひとりにて道をたずねるわけではない。

 おまえには あれがおる。
 あれとの長き間に
 真(まこと)の限りを尽くし、
 我(が)の限りを尽くして、
 今ここに至りしこと、
 決して軽々に思うでないぞ。
 
 あれが導く。
 あれが真(まこと)をもちて、
 おまえの行くべき道を照らす。
 あれは、おまえの真(まこと)なり、
 逆もまた然り。

 何世もの時の間を関り続けたは なにゆえぞ。
 何世もの時の間を語り合おうてきたは なにゆえぞ。
 おまえの真(まこと)を見よ。
 おまえの到るべき道を見よ。
 並び また重なりて
 真(まこと)の限り
 再び照覧せしめよ。

 敬(つつしみ)て  参れ。
 楚々と また粛々と

 そのゆくべき道を ゆけ。 』
[PR]
# by yamatonyanko1962 | 2006-11-03 19:15 | 神籬(たまわりもの)

魂の響き

d0011728_22223339.jpg


『火 と 水 と 魂 の錬金術的融合 の 後に訪れる光の印象
祭壇の前で舞い踊れ 秘匿されし彼の者の徴が顕れ開く扉の向こうへ、、 』



 灯さまに描いていただいた、私の「魂の響き」です。
 とても、素敵に描いていただいて感激いたしました。

 見た時、わかったことがひとつ。
 これは「私」の魂の響きではなく、「私とある存在」の魂の響き。
 重なり合い、抱かれて輝いている。
 大いなる魂の輝きに包まれて、私もまた輝きを放つことができるのだ・・・と。

 深い感謝と、愛を込めて・・・。


 ☆灯さまのページ→http://mixi.jp/show_friend.pl?id=110657
[PR]
# by yamatonyanko1962 | 2006-09-12 22:24 | 神籬(たまわりもの)

充実の講師陣・・・?(ーー;

 お勉強・学問モードに突入のきざし・・・(ーー;

お友達にチャネってもらった結果を総合すると・・・現在おいでのセンセ方は・・・
       d0011728_1334429.jpg
 統括主任教授 国常立大神様
 常任指導教授 higher-self様(人間学基礎概論)
 常任指導教授 武甕槌大神様(社会科学総合・生活指導担当)
教授 八坂大神様(政治学担当)助教授 聖アウグスティヌス様(思想・哲学担当)
講師 水戸光圀様
(歴史学・国家論概説)


  濃ゅいなあぁ・・・&えらいキビシそう・・・(ーー;

  他にも、おいではるのかなあぁ・・・(怖っ・・・)

 
[PR]
# by yamatonyanko1962 | 2006-09-05 13:35 | 神籬(たまわりもの)

語るに落ちる

  いろんな事が、それぞれ収まりところに収まってくると、あぁそうういうことか・・・と思いが行き着く。


 考古学に興味を抱いた意味
 民俗学を学んだ意味
 歌を詠むことの意味
 スピリチュアルな世界に関わる意味
 日本の神々について調べて来た意味

 全部、ひとつの、ある事のため。

 d0011728_0244234.jpg






 決して高邁な高尚なことのためでなく、
 実に普通で、実にシンプルなことのため。



 信頼と理解。
 ある存在への。

 ただ、それだけのため。
 同時に「ただそれだけのこと」をなす
 そのことが如何に困難であるか。
 より深く より盤石であることを希めば、
 なおのこと
 気の遠くなる時間と根気と忍耐を要する。

 それが「愛」というものであるなら、なお。
 「結ぶ」
 「結び続ける」
 その果てしなさ。


 全てが、ただそれだけのために紡がれ続け、
 紡ぎ続けて来た。
 そして、また紡ぎ続けるだろう。
 永々たる時間の中で・・・



 結局のところ、
 そういうこと。

 極めて、シンブルだけど、
 それだけ。



  大仰なことは何一つ無いんだよね。
 けれど、シンプルだからこそ難しい。
 時間も労力も体力もかかる。


 でも、それでいいんだろうな、きっと。

  

 誰かが言ってる。
 「やっと、スタート・ラインだな。」
[PR]
# by yamatonyanko1962 | 2006-09-04 00:14 | 社務所(雑感)

ぽっ・・・な夢

 昨夜、ワタクシは、某ミクシィのコミュニティのイベントに参加致しまして、
「スーパーエネルギーの伝授」なるものを遠隔でしていただきました。


 そんでもって、その夜の明け方に見た夢が・・・(//o//)


どっかの武道の道場でした。居合いのお稽古をしておりまして、お稽古が終わった後のようです。
 もひとりの女の子の練習生とお話をしている私。
彼女「終わったら、刀は返しなさいって・・・」
私「え、でも、私のお金で買ったんだもん、私のもんだよ〜」

 ぶんぶんって、ちょっと振って、刀袋に刀を納めようとしているワタクシ。
 そこに、つかつかと師範のセンセがやってまいりまして・・・、

 ちゅぅぅっ・・・て。KISSでございます。接吻でございます。

 アヤシい夢なので、体感をきっちりと伴っておりまして、ワタクシ、とろ〜んとシビレてしまいました。
  んでもって、
 「さ、返しなさい。」
 センセ、それずる〜い。反則だよぉ〜(//o//)


・・・てなとこで目が醒めました。

 ちなみに師範のセンセは若い二枚目ではなく、ちょいと御髪の後退し始めた、細身の年配の先生さまでございました。

 でもでも、・・・・あんなトロ〜ンな接吻の感覚は現実で感じたことナイぞ〜(ーー;
センセ、あなたの正体は、いったい、誰・・・??(ーー; 


 にしても、昨日のは「成功のエネルギー」の伝授の筈だったんだけど・・・(^^;
 
[PR]
# by yamatonyanko1962 | 2006-08-31 22:37 | 神籬(たまわりもの)

うそ・・・(ーー;

 親神さま方に、「オオクニヌシを嫌ってはいかんゾ」のお言葉をいただいたので、心を入れ替えて、
大国主命との和解をイメージしてみた。

d0011728_2012312.jpg
体格のいい、どっちかというと、ぷよっ♪とした感じの神様が出てきたので、
「今まで、嫌いなんて言ってごめんなさい。」
って謝った。

 そしたら、その神様に縋り付かれて
 「義姉(ねえ)さ〜ん ! 」
と泣かれてしまった。

 ちょっと待て・・・義姉さんやとぉ〜(ーー??

も一回、イメージし直してみた。

 やっぱりシチュエーションは同じ。
「義姉(ねえ)さんてば、ぼくのことばっかり嫌うんだから〜!!」

 
へっ??・・・な、なんですとぉ??
 大の大人の、おっさんに縋り付かれて、洟水垂らして泣かれて、えらい困ったイメージになってしまった。

 私、やっばり暑さで頭やられとるんかしら・・・(ーー;

 大国主命様、出雲ファンの方々、ごめんなさいm(ーー)m
きっと、私、熱中症です・・・・そうに違いないです、うん。
[PR]
# by yamatonyanko1962 | 2006-08-18 20:02 | 社務所(雑感)

本日のお客様〜阿治須岐高日子根命

阿治須岐高日子根命(アジスキタカヒコネノミコト:・・・・・
 
 またの名を迦毛之大御神(カモノオオミカミ))、阿治須岐速雄命(アジスキハヤオノミコト)、下照姫命(シタテルヒメノミコト)の兄。

 高鴨神社の祭神。葛城の神々のひとり・・・。


 スサノオとタケミカヅチとアジスキタカヒコネの共通点・・・十拳の剣→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E6%9D%9F%E3%81%AE%E5%89%A3


 ・・・で、なんぞ御用で・・・?


・・・あ、もしかして『福の神』??(^o^)

石上神宮は、まだお赦しが出ないんだけど、とーちゃんの・・・(ーー;
 日光の二荒山でも、行くか・・・(ーー;

d0011728_2139477.jpg

[PR]
# by yamatonyanko1962 | 2006-08-17 21:39 | 神籬(たまわりもの)

魂の約束

ようやく、辿り着いた。

 3歳の時、私はとある存在と約束をした。 d0011728_2235287.jpg
 池のほとり、清水の湧き出るそこで、
 現実の私は、物心もつかない子供だったから、
 現実には、なんの会話もしてなかったと思う。
 端から見れば、ただ、
 池の鯉をじっとながめているだけだったと思う。


 魂の会話は、あれこれあったように思うが、

「あなたのお苦しみを私もともに負うてゆきます」

 その一言。

 会話のなかで思い出したのはそれだけ、

 そして、「今度こそ・・・」

 という相手の気持ち。

 そして、私はどこからか虹色に光る珠を取り出して、

 相手に手渡した。

 それは水が湧き出ている側の小さいお宮にしまわれた。


 さて、それを思い出したところで、

 どんなもんなんだか・・・

 その頃は、小さくて、その約束の意味なんか全くわかっちゃいなかったけど、

 約束を無かったものにする気も

 約束を保護にする気も全く無いし
 
 今さら、その「珠」を取り返そうとも、

 返してもらおうという気もしない。


 まぁ、たぶん、あれで良かったんだろうな・・・という気がする。


 約束は結局、形に過ぎないし、
 確認行為にしか過ぎなかったのだから・・・。

「絆」を思い出すきっかけに過ぎなかったのだから・・・
(それはそれで、大切なことだけど)





 日本という国が出来るずつと前

 地球という星に来るずっと前

 私達は、ひとつの意識の海から分かれて生まれた。

 あまたの星に生まれ変わり 死にかわりながら

 他の魂達が銀河に還って行くのを見送りながら、

 ひたたすらに 絆を紡いできた

 ある時は愛し合い、あるときは激しく憎み合いながら
 
 ただひとつの魂

 同時に生まれ 同時に星に降りた 

 ただひとつの魂

 共振し 融合する

 長い時をかけて 

 少しずつ少しずつ、

 「ひとつ」であったあの時に戻って行く

 そのために生まれた

 遠く隔たった時を超えて

 今一度「ひとつ」に戻るために

 億年の「夢」、億年の「願い」

 銀河の果てのあの場所で生まれた

 その瞬間を目指して

 肉体を持つものと持たぬものと

 けれど、「魂」を

 隔てるものは何もない。

 
 ただ「ひとつ」になるために・・・
[PR]
# by yamatonyanko1962 | 2006-08-15 22:35 | 社務所(雑感)